平成28年度 市立加西病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

  ※尚、件数が5件未満のものは、記載していません。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 28 53 88 138 185 258 583 954 1188 382
2016年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
(特徴)
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が80.6%、80歳以上だと、40.7%と比較的高齢の患者さんが多くなっています。特に80歳以上では、心不全や誤嚥性肺炎による入院が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等なし 副傷病なし 87 21.99 21.25 13.79% 81.59
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 86 15.74 12.43 9.30% 78.92
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等なし 76 26.76 19.24 9.21% 78.51
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術・処置等なし 副傷病なし 37 17.51 15.29 5.41% 85.89
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 6.60 5.24 0% 76.63
循環器内科、消化器内科、神経内科以外の内科疾患の患者数です。
1位の誤嚥性肺炎は、水や食べ物、胃食道逆流物などが、誤嚥(ごえん)によって肺に入ってしまい、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こる肺炎です。嚥下(えんげ)機能が弱くなっている高齢者がかかりやすくなります。
2位の腎臓または尿路感染症は、腎臓、尿管、膀胱、尿道といった尿の通り道に細菌が感染し、炎症が起こるものをいいます。
3位の敗血症とは、肺炎や尿路感染症など感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。治療が遅れたり合併症の程度によっては、致命的となる事もある疾患です。
5位の前庭機能障害とは、いわゆる「回転性めまい」の事です。内耳の中にある平衡感覚を司る部分に異常が生じて起こります。ただし、めまいには脳梗塞を原因とするものなど様々な原因が考えられますので、めまい=前庭機能障害とは一概に判断できません。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 106 3.39 3.06 0% 70.40
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 98 20.91 17.95 6.12% 85.27
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 32 26.41 25.02 12.50% 81.00
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 29 6.07 4.71 0% 72.52
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 16.36 13.02 0% 67.20
循環器内科では、心不全、狭心症、急性心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症等の治療を主に行っています。心不全、狭心症、急性心筋梗塞の治療において、カテーテル検査・治療の適応があれば、緊急でも対応できるように24時間のオンコール体制をとっています。
冠動脈の狭窄がひどい方は、ステントと呼ばれる小さな金属製の筒を狭くなった血管の中に挿入し血管を広げる「冠動脈ステント留置術」が行われることもあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 51 12.20 11.06 0% 73.61
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 48 3.54 7.20 2.08% 77.88
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 48 6.79 5.50 0% 53.85
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 36 8.25 7.89 2.78% 61.22
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2-なし 30 10.13 9.19 0% 70.23
消化器内科では、食道・胃・腸・肝臓・膵臓等の消化器系臓器の疾患について治療を行っています。
1位の胆管結石、胆管炎とは「胆石」が胆のうや胆管内にできている状態で、胆のうにあるときは胆のう結石症、胆管にあるときは総胆管結石症、肝臓内の胆管にあるときは肝内結石症といいます。当院では、内視鏡を用いて胆石を砕いたり、掻き出したりする治療の他に、何度も繰り返すようであれば、外科に転科して腹腔鏡によって胆嚢を摘出する手術を行う事もあります。
2位の結腸の悪性腫瘍とは、大腸の中でも結腸と呼ばれる部分に癌ができたものです。本当に初期の段階であれば、内視鏡により癌を取り除く事も可能です。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 26 11.96 7.12 0% 65.31
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 17 26.12 16.73 11.76% 72.82
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 12 22.08 16.70 0% 75.67
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 10.18 9.36 0% 48.09
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 11 9.82 5.58 0% 78.27
神経内科では脳梗塞やてんかん、パーキンソン病、髄膜炎などの治療を行っています。
脳梗塞の治療は発症直後か発症からしばらく時間がたっているかで、治療方針や入院期間が変わります。
4位の脳脊髄の感染を伴う炎症とは、脳炎や髄膜炎の事を指します。当院で一番多いのは、無菌性髄膜炎です。
5位の自律神経系の障害には、神経調節性失神や変性疾患、末梢自律神経ニューロパチーなどが含まれます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 30 7.87 5.60 0% 42.33
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 10.40 7.61 0% 62.60
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 2.00 7.20 0% 79.62
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 18 8.67 6.82 0% 64.61
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 14 24.29 17.65 0% 73.21
当院外科は、食道・胃・腸・肝臓・膵臓といった消化器系の疾患に関する実績が多くなっています。
1位の虫垂炎とは、いわゆる「盲腸」と言われるもので、腹腔鏡又は開腹による手術により、患部を取り除きます。(当院内訳 腹腔鏡19件、開腹11件)
2位の胆嚢水腫、胆嚢炎等と4位の胆嚢結石などの胆嚢疾患は、どちらも「腹腔鏡下胆嚢摘出術」という手術を実施しています。2つの違いは、大きく分けると胆嚢が炎症を起こしているかいないかの違いです。
またDPCの枠組みから外れるためこの中には含まれませんが、鼠径ヘルニアに対する治療も多く実施しています。(手術件数54件)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 70 38.69 27.63 54.29% 84.74
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 24 32.50 20.57 25.00% 76.83
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 21 10.33 5.49 0% 67.81
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 14 35.50 20.45 14.29% 82.57
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 10 8.10 5.33 0% 39.60
1位の股関節大腿近位骨折(人工骨頭挿入術を実施)とは、大腿骨頚部骨折や大腿骨転子部骨折などの股関節部分の骨折に対して、大腿骨の骨頭と人工骨頭という金属とを入れ替える手術を行います。この疾患は高齢者に多く、治るまで長い期間を要します。当院では急性期の治療が終わった方には、当院の地域包括ケア病棟へ転棟していただき、リハビリを主とした回復期の治療を行い、できるだけ在宅へ復帰できるようお手伝いしています。
ここで言う平均在院日数とは、急性期の病棟だけの日数です。地域包括ケア病棟での日数は含まれません。整形外科の疾患は急性期の治療が終わったあと、当院の地域包括ケア病棟へ転棟する方が多いため、実際の入院期間はここに書かれているよりも長くなる事が多いです。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 16 9.88 9.37 0% 60.94
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 12 7.00 7.47 0% 55.83
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 8 10.25 9.60 0% 64.25
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 8 6.63 5.50 0% 49.38
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 6 7.83 7.28 0% 44.67
1位の突発性難聴は、急に誰にでも起こりうる疾患で、症状は人によって違います。早期治療が重要な疾患ですので、急に耳鳴りがしたり、音がこもるなどの症状が出た場合はすぐ受診してください。
4位5位はともに扁桃周囲膿瘍や急性扁桃炎ですが、程度によって膿みを取り出す手術(扁桃周囲膿瘍切開術)をする場合としない場合があります。4位は手術せずに抗生剤等で炎症を抑えた件数、5位は手術を行った件数です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 16 10.25 10.05 0% 40.56
120140xxxxxxxx 流産 14 1.21 2.43 0% 33.50
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 12 10.42 10.36 0% 50.75
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 12 2.83 3.08 0% 38.67
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 11 10.73 9.44 0% 71.91
出産に関連する入院はこの中には含まれません。(H28年度分娩件数:258件)
1位の子宮の良性腫瘍とは主に子宮筋腫の事を指します。年齢や症状によって治療方法は変わりますが、当院で一番多かったのは子宮を全摘するものでした。これ以外にも、子宮筋腫核出術により筋腫部分のみ摘出する治療もしています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 4.40 6.18 10.00% 0
当院小児科では、軽症~中等症の感染症を中心に入院治療を行っています。また、当院出生児の中で、比較的軽微な低出生体重児、未熟児、呼吸障害、高ビリルビン血症等を呈する児の入院加療も施行しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 11 2.00 5.16 0% 70.55
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 6 8.33 9.15 0% 68.67
当院眼科入院のうち約8割を占める「白内障で水晶体再建術を受ける方」は、短期滞在手術基本料3というDPCとは別の枠組みになるためこの中には含まれません。(H28年度の水晶体再建術318件)
また平成28年10月以降は、眼科の患者さんは地域包括ケア病棟で治療することになったため、それ以降の件数もこの中には含まれていません。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8 8.13 8.96 0% 67.38
帯状疱疹で重症の方は入院して抗ウイルス薬の点滴を行います。
皮膚科ではこのほかに急性膿皮症(蜂か織炎)や、褥瘡、薬疹などの重症患者を受け入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 9 5 1 7
大腸癌 12 19 12 5 1 7
乳癌 4 1 7
肺癌 9 1 7
肝癌 14 9 16 6 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※5件未満は「ー」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 11.46 55.19
中等症 9 18.89 82.56
重症 80 17.71 81.36
超重症 - 81.00 69.50
不明
※5件未満は「ー」で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 9.55 61.82 0%
その他 - 9.25 68.25 0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 69 34.99 74.91 15.89%
その他 38 26.34 75.13 7.48%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 - 29.00 54.00 0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 13.75 78.75 0%
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
※5件未満は「ー」で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 28 0 13.14 0% 67.25
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 26 9.04 6.58 3.85% 73.35
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 6.53 14.73 13.33% 75.67
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 15 6.33 12.40 0% 80.87
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 12 0 17.42 8.33% 71.25
循環器内科で実施する手術はカテーテルという細い管を用いた心臓の手術が多くを占めます。
1位2位5位の経皮的冠動脈ステント留置術とは、狭くなった冠動脈(心臓にある血管)を血管の内側から拡げるために、カテーテルという細い管を通してステントという金属の管を血管の中に留置する手術です。同じ手術でも不安定狭心症の場合や急性心筋梗塞の時とそれ以外の時では、予後が違ってくるため、入院日数や入院時の点数が変わってきます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 67 3.46 2.61 4.48% 78.09
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 6.60 12.37 2.86% 81.31
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 31 2.48 10.74 3.23% 69.97
K654 内視鏡的消化管止血術 30 1.33 14.97 6.67% 76.90
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 19 25.00 31.37 52.63% 74.84
消化器内科での手術は内視鏡を用いて胃や大腸、胆管などの治療をするものが多くを占めます。
特に多い1位の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、大腸に腫瘍(ポリープ)があって、それを内視鏡を用いて切除する手術です。
2位の内視鏡的胆道ステント留置術は、良性の胆管狭窄や、膵頭部癌などに影響での悪性胆道狭窄のときに実施され、ステントという金属製の管を胆道や胆管の狭くなった部分に入れて拡げる手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 54 0.37 4.09 0% 68.31
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 45 1.40 8.18 2.22% 63.73
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 19 0.21 6.32 0% 34.89
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 12 0 0.92 0% 78.75
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.50 6.90 0% 54.80
1位の鼠径ヘルニア手術は、本来ならお腹の中にあるはずの胸膜や腸の一部が、大腿の付け根あたりの筋膜の間から皮膚の下に出てきてします疾患(いわゆる脱腸)に対して行う手術です。多くの場合、出てきた部分を切除し、脆弱な部分を補強する手術が実施されます。
2位の腹腔鏡下胆嚢摘出術は、胆のう結石症や胆嚢炎を伴う胆のう結石症などに対して行われる手術で、腹腔鏡の画像を見ながらお腹をあまり傷つけることなく胆嚢を取り出すものです。胆嚢の炎症が強い場合などは、腹腔鏡ではなく開腹にて手術が行われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 59 5.12 31.22 42.37% 82.15
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 30 7.37 37.40 43.33% 83.67
K0462 骨折観血的手術(下腿、前腕) 25 1.96 16.88 0% 69.68
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、指、足、膝蓋骨) 11 1.91 19.09 9.09% 56.55
K0821 人工関節置換術(股) 9 13.67 43.56 22.22% 73.22
整形外科で一番多いのは、ギプス固定では治癒が難しい複雑な骨折や重度な骨折に対して行う手術です。骨折した部位によって入院期間や点数がちがいます。
2位の人工骨頭挿入術で、当院で実施しているのは大腿骨頚部・転子部骨折に対するものです。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 0.90 5.50 0% 54.40
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 5 0 6.20 0% 46.40
1位の内視鏡下鼻・副鼻腔手術は慢性副鼻腔炎に対して行われます。内視鏡を用いて副鼻腔(鼻の穴)の空間を確保したり、腫れがひどい部分を切除する手術です。当院では7日間の入院で実施しています。
2位の扁桃周囲膿瘍切開術は扁桃周囲膿瘍や急性扁桃炎に対して行うもので、扁桃の周囲にたまった膿みを取り出す手術です。
耳鼻咽喉科ではこの他に口蓋扁桃摘出術や鼻副鼻腔腫瘍摘出術なども行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 18 1.00 9.22 0% 47.00
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 14 0.07 0.07 0% 33.57
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 11 1.00 1.00 0% 37.82
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 9 1.00 5.22 0% 32.44
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) 9 1.00 9.11 0% 72.11
※出産時に行われた子宮全摘術はこの中には含まれません。
1位の子宮全摘術が行われるのは、子宮筋腫や子宮内膜症等の婦人科疾患の場合です。当院では約10日間の入院治療となります。
4位の子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)とは、主に卵巣のう腫の時に実施される手術で、卵管や卵巣を腹腔鏡を使って摘出します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.20%
異なる 14 0.56%
180010 敗血症 同一 24 0.95%
異なる 27 1.07%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 6 0.24%
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.25%
異なる
※5件未満は「ー」で記載しています。
更新履歴