平成29年度 市立加西病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 46 71 111 144 251 547 835 1117 437
2017年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が82.2%、80歳以上だと、43.5%と高齢の患者さんが多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 116 22.05 20.83 13.79 83.83
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 113 19.12 17.71 5.31 83.73
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 3.29 3.03 1.12 70.42
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 86 16.65 12.34 4.65 81.30
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 52 7.21 5.50 1.92 62.71
1位の誤嚥性肺炎は、水や食べ物、胃食道逆流物などが、誤嚥(ごえん)によって肺に入ってしまい、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こる肺炎です。嚥下(えんげ)機能が弱くなっている高齢者がかかりやすくなります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.37 7.4 0 62.26
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 25 7.08 5.56 0 44.52
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 16 8.13 6.64 0 65.75
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 15 12.13 8.33 0 77.93
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 15 9.6 9.83 0 83.33
当院外科は、食道・胃・腸・肝臓・膵臓といった消化器系の疾患に関する実績が多くなっています。
また、当院では患者様の体に負担の少ない腹腔鏡手術の実施件数が150件を超えています。(平成29年実績)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 43 31.67 27.09 39.53 85.65
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 32 33.72 19.94 12.5 81.59
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 18 8.5 5.21 5.56 56
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 10 23.1 8.83 10 57.7
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 9 3.22 5.51 0 64.11
1位の股関節大腿近位骨折(人工骨頭挿入術を実施)とは、大腿骨頚部骨折や大腿骨転子部骨折などの股関節部分の骨折に対して、大腿骨の骨頭と人工骨頭という金属とを入れ替える手術を行います。この疾患は高齢者に多く、治るまで長い期間を要します。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 22 3.05 4.91 0 72.73
030428xxxxxxxx 突発性難聴 17 9.24 9.18 0 56.65
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 6.07 5.48 0 35.2
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 14 8.14 7.23 0 55.43
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 9 9.67 9.45 0 65.11
2位の突発性難聴は、急に誰にでも起こりうる疾患で、症状は人によって違います。早期治療が重要な疾患ですので、急に耳鳴りがしたり、音がこもるなどの症状が出た場合はすぐ受診してください。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 14 2.86 3.05 0 35.07
120140xxxxxxxx 流産 9 1.22 2.43 0 35.33
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 6 3.67 12.02 0 34.67
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 6 11 10.27 0 62.33
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 6 11 9.91 0 40.83
出産に関連する入院はこの中には含まれません。(H29年度分娩件数:205件)
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100330xxxxx0xx 栄養障害(その他) 手術・処置等2なし - 23 17.51 0 1
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 3 6.18 0 0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - 9 5.5 100 1
130111xxxxx0xx アレルギー性紫斑病 手術・処置等2なし - 8 12.26 0 4
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし - 16 8.41 0 0
当院小児科では、軽症~中等症の感染症を中心に入院治療を行っています。また、当院出生児の中で、比較的軽微な低出生体重児、未熟児、呼吸障害、高ビリルビン血症等を呈する児の入院加療も施行しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 6 10.17 8.95 0 77.5
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - 9.5 9.99 0 86.5
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - 8 11.73 0 41
帯状疱疹で重症の方は入院して抗ウイルス薬の点滴を行います。
皮膚科ではこのほかに急性膿皮症(蜂か織炎)や、褥瘡、薬疹などの重症患者を受け入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 5 5.2 7.31 0 80.6
常勤医師の増により、膀胱腫瘍、膀胱悪性腫瘍の患者を受け入れ、外科的手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - 7 9 - 7 - 7
大腸癌 13 15 6 6 10 - - 7
乳癌 - 7 - 5 - - - 7
肺癌 - - - - - - - 7
肝癌 - - - 5 - 20 - 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※5件未満は「-」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 12.29 62.88
中等症 89 17.88 83.86
重症 16 21.25 86.81
超重症 7 15.43 83.86
※5件未満は「-」で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 74 29.46 76.97 21.74
その他 18 25.89 79.33 3.26
※5件未満は「-」で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 47 2.77 3.57 0 77.94
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 42 2.83 3.31 4.76 71.74
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 29 0.03 10.21 0 69.38
K654 内視鏡的消化管止血術 28 4.43 15.71 10.71 74.5
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 5.93 14.22 11.11 77.81
消化器内科での手術は内視鏡を用いて胃や大腸、胆管などの治療をするものが多くを占めます。
特に多い内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、大腸に腫瘍(ポリープ)があって、それを内視鏡を用いて切除する手術です。
循環器内科で実施する手術はカテーテルという細い管を用いた心臓の手術が多くを占めます。
経皮的冠動脈ステント留置術とは、狭くなった冠動脈(心臓にある血管)を血管の内側から拡げるために、カテーテルという細い管を通してステントという金属の管を血管の中に留置する手術です。同じ手術でも不安定狭心症の場合や急性心筋梗塞の時とそれ以外の時では、予後が違ってくるため、入院日数や入院時の点数が変わってきます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 1.22 6.88 2.04 65.06
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 44 2.09 5.68 2.27 73.14
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.6 5.35 0 42.2
K742-2 腹腔鏡下直腸脱手術 14 1.36 8.07 0 83.57
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 13 3.92 17.69 7.69 73.08
1位の腹腔鏡下胆嚢摘出術は、胆のう結石症や胆嚢炎を伴う胆のう結石症などに対して行われる手術で、腹腔鏡の画像を見ながらお腹をあまり傷つけることなく胆嚢を取り出すものです。胆嚢の炎症が強い場合などは、腹腔鏡ではなく開腹にて手術が行われます。
2位の鼠径ヘルニア手術は、本来ならお腹の中にあるはずの胸膜や腸の一部が、大腿の付け根あたりの筋膜の間から皮膚の下に出てきてします疾患(いわゆる脱腸)に対して行う手術です。多くの場合、出てきた部分を切除し、脆弱な部分を補強する手術が実施されます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 58 4.93 37.74 32.76 80.22
K0462 骨折観血的手術(前腕) 29 5.31 34.31 13.79 61.14
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 6 43.84 28 82.68
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 9 1.56 5.44 0 40.67
K093 手根管開放手術 8 0.75 1.63 0 64.25
整形外科で一番多いのは、ギプス固定では治癒が難しい複雑な骨折や重度な骨折に対して行う手術です。骨折した部位によって入院期間や点数がちがいます。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K204 涙嚢鼻腔吻合術 17 1 1.06 0 73.06
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 1 6.5 0 56.43
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 7 0.86 5.71 0 44.71
耳鼻咽喉科ではこの他に口蓋扁桃摘出術や鼻副鼻腔腫瘍摘出術なども行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 14 0.93 0.93 0 35.07
K877 子宮全摘術 9 1.56 11.22 0 44
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 8 1.5 8.13 0 55.63
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 8 0.13 0.13 0 36.63
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 6 1 4.83 0 33.17
※出産時に行われた子宮全摘術はこの中には含まれません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 5 1 3.2 0 80.6
平成29年度に泌尿器科の常勤医師が2名体制となり、手術や入院を要する患者様に積極的に対応できるようになりました。
また、本年度は新たな医療機器を導入し、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、経尿道的尿路結石除去術も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.28
180010 敗血症 同一 22 0.62
異なる 17 0.48
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.34
異なる - -
※5件未満は「-」で表示しています。
更新履歴