市立加西病院
トップ病院のご案内>将来構想検討委員会

市立加西病院障害者活躍推進計画

市立加西病院障害者活躍推進計画について

障害者の雇用施策については、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(昭和35年法律第123号。以下「法」という。)等に基づき、障害者が職業を通じて社会参加を進めていけるよう、各種施策が推進されてきたところです。

また、公務部門においては、障害者の活躍の場の拡大に向けた取組を着実に進めていくために、令和元年6月に、障害者の雇用状況についての適確把握や障害を有する職員の職業生活における活躍の推進に関する計画(障害者活躍推進計画)の作成・公表等を国及び地方公共団体の任命権者に義務付ける法改正が行われ、障害者の雇用の推進に向けた取組を着実に進めていくこととされました。

本計画は、改正後の法第7条の2第1項の規定に基づき、障害者である職員の職業生活における活躍の推進に関する取組を総合的かつ効果的に実施することができるよう定められた「障害者活躍推進計画作成指針」(令和元年12月17日告示)に則し、同法第7条の3第1項の規定により作成するものです。

今後、この計画を基に障害のある職員一人一人が障害の特性や個性に応じて能力を有効に発揮し、職場に定着して働き続けることができるよう、取組を進めていきます。

問合せ先 市立加西病院事務局総務課

電話  0790-42-2200 (内)2489