市立加西病院

神経内科 紹介

神経内科とは

市立加西病院

神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉といった神経系臓器の障害により起こる病気を診る内科です。脳腫瘍や脳動脈瘤など手術治療を行う診療科である脳神経外科に対して、手術以外の内科的治療を行うことから「脳神経内科」と標榜している病院もあります。当院神経内科は昭和62年に開設されて以来、神経内科における北播地域の中核施設としての役割を果たしてきました。北播のみならず東播・西播地域から来られている患者さんも多数おられます。また、当院は日本神経学会准教育施設に認定されており、専門的な診療を行い日々医療レベルの向上を目指しています。

以下の様な症状のある方は一度神経内科受診をご考慮下さい。
  • 頭痛が続く
  • めまい感がする
  • 手足に力が入りにくい
  • よく転倒する
  • 歩きにくい
  • 手が震える
  • 感覚が鈍い・ジンジンとしたしびれ感がある
  • 最近、記憶力が落ちた

例えば、頭痛は日々自覚することが多い症状ですが、いつもと違う痛みの場合は要注意信号です。また、非常にゆっくりと進むような病気では、自分ではあまり不自由に気づかない場合でも御家族からの指摘で見つかる場合もあります。気になる症状があれば受診して下さい。

特に症状はないものの頭部MRI検査を一度受けてみたいと思っておられる方は、脳ドッグも実施しておりますので人間ドッグの項目を御覧下さい。