市立加西病院
トップ診療科・支援部門診療科産婦人科>産婦人科 主な検査内容

産婦人科 主な検査・治療

不妊症不育症治療

1.不妊症治療

精液検査、ホルモン検査、性交後検査、子宮卵管造影検査などのルーチン検査を行い、当初の治療方針を立てます。排卵日の予想とタイミングの取り方のアドバイス、卵巣刺激、洗滌濃縮による人工授精、黄体補充療法などが可能です。 体外受精を必要とされる方は、神戸大学病院など近隣の専門機関に紹介、あるいは連携して治療いたします。

2.不育症(習慣流産)治療

不育症の原因は多岐にわたると考えられます。 流産胎盤の染色体検査、母体のホルモン状態、血液凝固系、抗リン脂質抗体などの検査が可能です。 その結果適応があれば、低用量アスピリン療法やヘパリン療法などの抗凝固療法を行っています。