市立加西病院

誤嚥予防 ~ 嚥下障害に対する取り組み ~

脳梗塞や老化により、食べ物を飲み込む力が衰え、食べるという行為が誤嚥性肺炎を併発します。それは絶食、経管栄養、胃瘻の造設などに繋がる可能性があります。これらの方々に、もう一度食べる楽しみを味わって頂きたいとの思いから、当院看護部では、他職種と十分な連携をとりながら、入院中の誤嚥予防と摂食機能の回復に努めています。

①患者様一人ひとりに応じた食事内容

患者様一人一人の疾患や、病状に応じた食事内容、食事介助の方法を検討し、入院中、安全で楽しい食事時間を持っていただけるよう努めています。特に誤嚥の危険性が高い患者様に対しては、食事が開始になった当初より言語聴覚士と連携をとり嚥下の専門家の視点を活かしながら進めています。飲み込みやすい食事形態(嚥下訓練食)、食べやすい大きさ(きざみ食、片麻痺食など)、その方に応じた量など工夫を行っています。

②嚥下内視鏡検査

しかし、訓練をすすめても飲み込みができにくい患者さんには、本当に飲み込む機能が備わっているのかどうかの検査が必要になります。検査の際には担当看護師も同席し、検査後は食事摂取時の注意点について耳鼻咽喉科医、言語聴覚士等、多職種でカンファレンスを行っています。

③退院時指導

退院後も自宅や施設などで安心して食べ続けて頂けるように、患者様・ご家族様には食事の形態、食事時の姿勢、食事環境の調整、喀痰喀出のための腹臥位療法などについての情報提供を行っています。また、入院中に提供していた嚥下調整食の調理方法については、必要に応じて管理栄養士から指導が受けられるような体制をとっています。

市立加西病院