市立加西病院

病理検査

病理検査室では、体から採取した組織・細胞等の良・悪性の判別、異型度、炎症性、細胞の由来などを顕微鏡で形態学的に検査しています。

病理検査は大別して、病理組織検査と細胞診検査の二つに分かれています。

<病理組織検査>

種々の臓器の病変部を病理医が顕微鏡下で観察し、癌や様々な病的状態を組織レベルで診断します。

<細胞診検査>

細胞検査士の資格をもった検査技師が、体の中から採取された様々な材料(喀痰、尿、婦人科膣分泌液、胸腹水、髄液、気管支擦過・洗浄液や乳腺、甲状腺などの穿刺物)を顕微鏡下で観察し異型細胞を拾い上げ、悪性(癌)か否かを判別します。

胃癌の細胞像(腺癌)
胃癌の細胞像(腺癌)
肺癌の組織像(扁平上皮癌)
胃癌の組織像(腺癌)
肺癌の細胞像(扁平上皮癌)
肺癌の細胞像(扁平上皮癌)
肺癌の組織像(扁平上皮癌)
肺癌の組織像(扁平上皮癌)

<術中迅速検査>

術中迅速検査には術中迅速組織検査と術中迅速細胞診検査があります。

術中迅速組織検査:

手術中に提出された切除組織の一部を凍結し、迅速に作製した標本を病理医が顕微鏡下で観察して、病変の良悪性や組織型の推定、さらに癌の切除断端への浸潤・リンパ節転移の有無を診断します。検体提出から約20分で手術室に診断結果が報告されます。

術中迅速細胞診検査:

手術中に採取された腹水等を迅速に処理し、細胞検査士が顕微鏡下で観察し良悪の判定をします。検体提出から約30分で手術室に結果が報告されます。

クリオスタットによる術中迅速標本作製
クリオスタットによる術中迅速標本作製
病理医による術中迅速診断
病理医による術中迅速診断