市立加西病院
トップ診療科・支援部門中央放射線科> マンモグラフィ撮影装置

マンモグラフィ撮影装置

「私は大丈夫!」って思っていませんか?

乳がん

現在、日本人女性のもっとも多くかかる癌は、乳がんです。毎年60,000人以上の方が新たに乳がんと診断されており、最近の報告では日本人女性の12人に1人がかかると言われています。乳がんの発生は、20歳頃から認められ、30歳を超えると急激に増え、50歳前後にピークがあると言われています。その後もあまり減ることはなく、高齢となっても発生します。

早期発見が可能な「マンモグラフィ検診」を受けましょう

最新型マンモグラフィ撮影装置
 
更衣室

マンモグラフィ検診

マンモグラフィ検診で正確な診断を行うためには、日本乳がん検診精度管理中央機構(外部リンク) の認定を受けた診療放射線技師、医師、使用基準を満たした装置が必要です。

当院では認定を受けた4名の技師が在籍しており、撮影には通常2名の女性技師が担当します。

また読影には認定を受けた医師によるダブルチェック(二重読影)を行っています。

撮影装置は仕様基準を満たしているだけでなく、施設画像認定を取得しています。当院の装置は、世界最小クラスの解像度(25μm)で表示することができる最新型のデジタルマンモグラフィシステムを導入使用しています。

加西病院では種々のマンモグラフィ検診を行っています。詳細は 健診のご案内 をご覧下さい。

ピンクリボン運動について

ピンクリボンは、アメリカで若くして2人の子供を残し、乳がんで亡くなった女性の母親が、「このような悲劇が繰り返されないように」との願いを込めて作ったリボンを、「乳がんで命を落とさないために早期発見・早期治療をしましょう」というメッセージを伝える乳がん啓発運動のシンボルマークとして使われたのが発祥といわれています。今ではこの運動が全世界に広まり、個人、企業、団体等色々な所でピンクリボン運動が行われています。