市立加西病院
トップ医療機関の方へ>開放型病院の利用について

開放型病院の利用について

1.開放型病院の概要

当院は令和2年度2月より開放型病院の施設基準を取得しました。

開放型病院とは、病院の施設や設備といった機能を地域の診療所・開業医の先生方に開放し、利用して頂く病院のことです。具体的には、紹介して頂いた患者さまの治療をかかりつけ医の先生と当院の主治医が連携し共同で診療を行います。


    4つの利点

    ①先生方のクリニックにいつでも利用できる入院施設ができたとお考え下さい。

    ②入院中は加西病院の医療スタッフが先生方と共に医療を行います。

    ③退院後も協力して先生方のバックアップを行います。

    ④共同診療を行うことで、1日1回に限り350点算定することができます。

 

2.開放病床の利用(入院)

  1. 当院に入院ができる診療科は、次のとおりです。
    循環器内科、消化器内科、内科、外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、婦人科
  2. 登録医は、患者さまに開放病床への入院について説明を行い、患者さまの同意を「開放病床入院同意書(様式第3号)により得て「診療情報提供書」に開放病床の利用希望がある旨記入し、「診療情報提供書」「開放病床入院同意書」を医療介護総合支援センター(以下、「地域医療室」)へFAXして下さい。
  3. 当院主治医と地域医療室とで入院承諾の調整・決定を行います。
  4. 地域医療室からは「開放病床同意書(様式第4号)」を登録医へFAXにてご連絡します。必要に応じて、患者さま、ご家族さまと事前面談をさせていただきます。
  5. 患者さまには、入院当日に「診療情報提供書」と「開放病床入院同意書」をご持参頂き、サービスセンターへご 提示いただきます。
  6. 患者さまがご入院されたことの登録医への報告は、当院地域医療室からFAXで報告します。
  

退院

退院は主治医が登録医と協議して決定します。原則、紹介頂いた医療機関へ逆紹介させていただきます。また、退院時に患者さまには病院の診療情報提供書を交付します。