市立加西病院
トップ活動・取り組みきらりコンサート>きらりクリスマスコンサート(第38回)開催報告

きらりクリスマスコンサート(第38回)開催報告

開催報告一覧

きらりクリスマスコンサート(第38回)開催報告

平成23年12月9日開催  コーラス部きらり

今年は少し暖冬かなと感じていた中、コンサート当日は冷え込みがきつく来場される方が少ないかもと思いましたが、開演前には会場に入りきれない程の方々にお集まり頂き盛大にきらりクリスマスコンサートを開催することが出来ました。

第1部はきらりメンバーと会場の皆様で「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」を元気よく歌い、続いてきらりメンバーが一生懸命練習した「オーホリナイト」を熱唱しました。そして本日の特別ゲスト さるびあっ子が登場 一緒に「さんぽ」を会場みんなで歌って、一気に楽しい雰囲気があふれました。

第2部はさるびあっ子19名が加西の歴史や風土をテーマにした組曲「夢のふるさと」で「春の祭り」「らかんさん」「もりあおがえる」「サイサイ祭り」などを 可愛い中にもしっかりとしたコーラスで歌って頂いて、会場から大きな拍手と声援がとんでいました。

第3部は内科2名と産婦人科1名の先生方で結成された病院ドクターズによるクラリネット&チェロ&ピアノアンサンブルでブラームスのワルツ、星に願いなどを優雅に奏でて頂いて、うっとりと聞き惚れ、どこか高尚なコンサートホールにいるような気分になれました。

第4部は日頃からきらりの指導をして頂いている声楽家の大西由香里先生のミニコンサートで「いのちの歌」と「赤とんぼ」を聞いて命を大切にすることの思いを深めました。

フィナーレはきらりメンバーとさるびあっ子など参加者一同と会場の皆様全員で心をこめて「ビリーブ」と神戸大震災の復興のために歌われた「しあわせ運べるように」という曲を東北の方のご苦労を思い早い復興を祈って歌いました。

コンサート後に、さるびあっ子が礼儀正しくて素晴らしい。ドクターズコンサートが良かった。きらりの歌声を聞くと元気が出るので、また聞きに来たいというなど、多くの方々から感謝とご声援の言葉を頂き、きらり部員一同感激しています。

本当に歌うことで誰かに思いを伝えることができてお互いに力が湧いてくるように思います。

次回は23年3月30日に、きらりスプリングコンサートを予定していますので、ぜひご参加下さい。お待ちしています。


<追伸>

23年12月11日に市民会館で開催された 南こうせつコンサートにバックコーラス隊として、市内の各コーラス隊と共にきらりメンバーも参加してきました。その観覧者の皆さまからも、病院のメンバーが後ろで歌っているのに感激したと言って頂いて、私たちも感動し、改めてボランティア活動の素晴らしさを実感しています。きらりメンバーの母体は病院職員ですが、市民メンバーの方も随時募集していますので、お気軽にご連絡ください。お待ちしています。

    
きらり広報企画担当  中央放射線科 深田照明

きらりクリスマスコンサート フォトギャラリー

市立加西病院
院長先生 あいさつ
市立加西病院
みんなで歌います
市立加西病院
みんなのハーモニー
市立加西病院
ドクターズ アンサンブル
市立加西病院
会場いっぱいです
市立加西病院
手話でも思いを伝えます
市立加西病院
出演者集合写真
市立加西病院
大西先生と山本ピアニスト