市立加西病院
トップ活動・取り組みチーム医療> 栄養サポートチーム

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team :NST)

市立加西病院栄養サポートチーム活動理念

加西病院の栄養サポートチームは、チーム医療を有効活用し、入院患者の栄養障害を早期に発見し栄養療法を開始する。

栄養療法とは、各症例への適切かつ質の高い栄養管理を言い、患者の合併症の減少、全身状態の改善等治癒の促進とADLの向上、QOLの改善を目標とした患者サイドに立ったやさしい医療の提供を基本とする。

施設認定

市立加西病院
  • 日本病態栄養学会認定 栄養管理・NST実施施設
  • 日本栄養療法推進協議会 NST稼働施設認定

活動

毎年活動目標を決め、患者の視点に立った医療の提供が行えるよう活動を行っています。

当院NSTは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士で構成しています。NSTの専従は管理栄養士で、専任外科医師・専任看護師・専任管理栄養士・専任薬剤師を置いて週1回のカンファレンス 回診を行っています。

平成28年4月より、NST口腔ケアグループが活動を開始しました。口腔ケアグループは、看護師、言語聴覚士で構成し、口腔疾患の改善や口腔環境の改善を目的に活躍しています。

連携

疾患治療の効率化と患者さんのQOL改善を目指し、感染制御チームや褥瘡回診チーム、糖尿病チーム(糖尿病専門医、日本糖尿病療養指導士(CDEJ)で構成)と連携しています。

歯科連携として、加西市歯科医師、歯科衛生士の往診も行っています。

栄養改善を目指して

入院後、すべての患者さんについて栄養状態を評価します。栄養アセスメン後、低栄養状態にある患者さん、栄養不良を招くおそれのある患者さん、予防的にNSTが介入したほうがよい患者さんを抽出します。また、口腔環境にリスクのある患者さんや、口腔環境を整えることで食欲の改善や誤嚥性肺炎の予防、ADLの改善、QOLの向上につながる患者さんもNST対象として抽出をします。

なによりも、「口から食べる」「腸を使う」(それができない患者さんには「チューブを使って食事をとる方法」)ことが、人としての自然の形であり、生きる喜びにもつながります。

他職種、他チームと連携し、介入したすべての患者さんの栄養状態改善を目指しています。

市立加西病院
市立加西病院