市立加西病院
トップ活動・取り組みチーム医療> 呼吸ケアサポートチーム

呼吸ケアサポートチーム(Respiratory Support Team :RST)

呼吸ケアサポートチーム(RST)は、医療専門職が知識と技能を持ち寄り、人工呼吸器を装着された患者さんに対して肺炎の予防や早期の離脱を目的に活動するチーム医療です。

構成メンバー

市立加西病院
  • 内科医師 3名
  • 救急看護認定看護師 1名
  • 感染管理認定ナース 1名
  • 臨床工学技士 2名
  • 理学療法士 1名
  • 臨床検査技師 1名 (ICT)
  • リンクナース 7名

活動内容

1)人工呼吸器関連肺炎(VAP)の予防、人工呼吸器からの早期離脱

  • 適切な鎮静と鎮痛の管理
  • 口腔ケア
  • 適切なポジショニングの提案
  • 早期リハビリテーションの提案

2)再挿管の回避

  • (安全なウィーニング(人工呼吸器からの離脱)・抜管の提案

  ウィーニング開始基準・ウィーニング中止基準

3)人工呼吸器装着患者に関するコンサルテーション

  • 適切な機種選択の提案
  • 適切な人工呼吸器設定
  • 酸素化・換気不良の是正
  • 皮膚トラブル(挿管チューブ・バイパップマスクによる潰瘍など)

4)人工呼吸器ケアの統一

  • 人工呼吸器装着患者さんの安全な日常生活援助
  • 安全な挿管チューブの固定
  • 人工呼吸器周辺の整理

5)RSTラウンド

  • 人工呼吸器装着患者さんの全身状態を把握する。

6)カンファレンス

  • 人工呼吸器装着患者さんを対象に週1回または随時、装着の適応や呼吸設定内容を話し合い、管理する。

7)教育

市立加西病院 市立加西病院 市立加西病院