市立加西病院
トップ活動・取り組みチーム医療> 認知症・せん妄対策チーム

MET

METとはMedical emergency teamの頭文字を取った略語です。

加西病院METは、予期していない心停止(=急変)を避けるためのシステムをつくり、その能力を高めるための取り組みをおこないつつ、突然の心停止などの緊急事態がおこった際にも迅速・的確に対応できる能力を身につけることを目的に活動しています。

構成メンバー




  • 医師1名
  • 看護師14名
  • 検査技師(臨床工学技士)1名
  • 臨床放射線技師1名

活動内容

  1. 心停止に陥らないように、ちょっとした変化にもすぐ相談・対応できるようなシステムを運営しています。主治医に加えMETメンバーの医師が依頼に応じて対応しています。
  2.  
  3. 急変事例を振り返り対応策・改善策を考え院内に発信したり、迅速に対応できた事例を共有しあい、急変を回避するための検討会を毎月行っています。

  4. 突然の心停止が起こったときに迅速に対応出来る人材を育成するためのシミュレーショントレーニングを定期的に開催しています。医師だけでなくチーム全体で訓練する事で医療レベルの向上を目指しています。
     
  5. 市内中学校や地域の行事に出向いて心肺蘇生講習を行ったり、出前(出張)講座に応じたりすることで院内だけでなく、地域全体の蘇生教育に携わっています。