職員メッセージ 医師

医療技術部 中央検査科

<検体検査部門>
検体検査は生化学検査、血液検査、輸血検査、一般検査、免疫血清検査、病理検査、微生物検査に分かれており、これらに加え外来患者様の採血を含んだ業務を行なっています。
これらは採血室や採尿室を含め中央検査室の1フロア内に収まっており、採取された検体を迅速に検査することができる体制が構築されています。検査結果は、1時間以内には電子カルテ上に反映されようにしています。また、臨床検査技師も各検査担当として奥深い専門分野と、検査全般に対応できる幅広い知識と技能も持っており、臨床と密接に行動ができるようなフットワ-クの良さがあります。

<生体検査部門>
生理検査は検体検査と違い、直接患者様の身体を対象とする検査で、心電図、脳波、呼吸機能、聴力、心臓・腹部超音波検査などがあります。最近では、SASの簡易検査や確定診断に必須のPSG、また下肢動静脈超音波検査など幅広い分野の検査を行っています。腹部超音波検査は、2台の装置で医師と技師がそれぞれ検査を行っているため、診断困難な患者のダブルチェックも可能となっています。また、心臓・腹部超音波検査は、医師及び技師による研修医の技術習得の指導も行なっています。

<臨床工学部門>
近代の医療は高度な医療機器の存在なしには成り立たちません。加西病院にも多種多様な機能をもった医療機器があり良質な医療が行なわれていますが、適切に使用しなければ患者様に大きな被害が及ぶ場合があります。そのような中で私達工学技師は、心臓カテーテル・ペースメーカ業務、透析業務、機器管理業務を行なっています。医療機器が正常に作動するように欠かさずメンテナンスを行い、検査・治療が安全かつスムーズに行なえるように「医療機器のスペシャリスト」として、医師の業務をサポートしています。

医療技術部 中央放射線科

中央放射線科では、"安全かつ正確で迅速な検査体制を確立する"をモットーに、一般撮影、CT、MRI、Angio、RI、TV検査、マンモグラフィ、骨塩定量の検査を行っています。CT、MRI等の緊急検査には迅速に対応出来るよう体制が整っており、医師からは高評価をもらっています。20年度には電子カルテ端末でこれらの画像(静止画)が見られるよう計画されており、24時間院内どこの端末でも見ることが出来るようになります。また20年4月からは当直体制となり、より救急体制が整いますので、いつでも画像が提供できます。緊急で写真が必要なときは、お気軽に声をかけてください。

医療技術部 リハビリテーション科

急性期からのリハビリテーションを行い、早期退院を目指しての援助や指導を行っています。退院された後も必要に応じて外来リハビリテーションを行っています。リハビリテーションに精通されている医師、興味を持たれている医師大歓迎です。
施設基準(平成20年4月現在)は、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)取得しています。
スタッフ(平成20年4月現在)は、専任医師4名(兼務)、理学療法士6名、作業療法士3名、言語聴覚士1名、助手1名です。

対象疾患は、
整形外科: 外傷・骨折の術後、各関節外科の術後、
脊椎疾患の術後等
内科: 心疾患、呼吸器疾患、糖尿病の運動療法、
脳血管疾患等
神経内科: 脳血管疾患、変性疾患等
外科: 開腹術後の運動療法等
皮膚科: 熱傷等 耳鼻科:顔面神経麻痺等
精神科: 軽度な統合失調症軽度な鬱病等