職員メッセージ 臨床研修医


2年目臨床研修医
『2年間の研修を終えて、感謝の気持ちでいっぱいです』

 まず、この2年間を振り返って思うことは、加西病院は初期研修として最高の環境だったということです。

 加西病院のすばらしいところは、どの科の先生もとても優しく、かつ指導熱心なことです。カンファレンスも多く、参加する時間を取るのに大変なところはありましたが、その内容はどのように考えるのか、何を鑑別に上げるのか、そのうえでどのように対処していくのかということに主眼が置かれており、研修医にとって教育的なものなので非常に有意義でした。手技的にも、研修医に多くの機会を与えていただき、様々な経験をさせていただくことができました。

 また、診療科の垣根が非常に低く各科横断的な問題を抱えた患者さんもとてもスムーズに、診療が行える点も加西病院のすばらしい点だと思います。どの科の先生も非常に気さくにコンサルトに応じてくださり、ディスカッションができました。これは研修医にとってももちろんですが、患者さんにとっても本当に有意義なことだと思います。

 また、自分自身は感染症に興味があったのですが、自分で調べたことについて指導医の先生とディスカッションをし、治療に反映することができたのもとてもありがたかったですし、モチベーション・アップにつながりました。

 患者さんを研修医が主体となって診て、その中で指導を受けることができる、というのは自分が加西病院で研修を始めるにあたり最も期待した点のひとつでしたが、本当に期待通りの研修ができたと思います。

 この2年間、ご指導いただいた先生方や優しく支えてくださったコメディカルの皆さんには感謝してもしきれないくらいです。

 自分自身は、まだまだ未熟な点も多く、学ばなければならないことが山積みですが、この2年間学んだことを大事にして、次のステップに進んでいきたいと思います。そして、最後にすばらしい同期のみんな、先輩研修医の皆さん、後輩達と一緒の時間を過ごせたことに心から感謝したいと思います。

 本当にありがとうございました。

2年目臨床研修医
『最高の2年間を加西病院で』

 研修内容、人間関係、体力・気力etc…不安だらけで始まった初期研修。しかし、終わってみれば全て杞憂でした。もちろん、研修中に不満に思うことや、改善してほしい点もありました。この病院の素晴らしいところは、そうした問題点に対し病院全体で迅速に対応してくれるところです。僕が働いたこの2年間だけでも、数多くの研修医からの要望をかなえてくれました。

 各科の先生方もとても親切で、その科の魅力を余すことなく伝えてくださるので、進路が決まってない人はとても迷ってしまうかもしれません。かくいう僕も、その1人です。色々悩んだ末に皮膚科へ進むことに決めました。進路が決まったあとも、どの先生も科に関係なく熱心に指導してくださり、また他の先生が担当患者さんで皮膚の問題があれば研修医である僕にも色々と相談が来るなど、本当に将来に向けてモチベーションの上がる環境で勉強ができたと思います。

 こんなことを書くと、嘘くさいと思われるかもしれませんが、本当に研修をするには最高の病院です。医師になって最初の2年間をこの病院で過ごせたことを誇りに思い、また僕の研修に携わってくださった全ての方にお礼を言いたいと思います。

 本当にありがとうございました。加西病院最高!!

2年目臨床研修医
『市立加西病院臨床研修感想』

 市立加西病院での二年間は、二つの意味で理想的な環境の中で過ごさせていただきました。一つは、自ら考え、決定していく機会をふんだんに与えられたことです。何度となく失敗し、迷い、決断に時間がかかっても気長に見守っていただくなかで、遅まきながら自主的に行動することの難しさと素晴らしさを学べたように思います。

 もう一つはお互いに教え、支援し、育てあう暖かい気風です。予想外の事態が当たり前といってもいい毎日の診療の中で、もう限界ではないかと思ったときに、先生方、コメディカルの方々の一言にどれほど救われ、また目を開かれたか分かりません。

 自主性の尊重と暖かい支援は時に両立困難です。しかし加西ではこの二つが絶妙にバランスされていたように感じます。そしてそのことが、加西を臨床研修の場としてだけではなく、医療の場として活気あるものとしていたように私には思えます。

 また私も二年間の研修のうちに、ただ自由と支援を享受するだけでなく、そのような素晴らしい医療の場、教育の場を支えていけるような医療者でありたいと願うようになりました。この二年間を通じて医療者としての基本的な知識や技術もさることながら、日々の医療を支える医療者としての姿勢を学べたことが、私にとって何者にも代えがたい素晴らしい研修でした。

2年目臨床研修医
『臨床研修の感想』

 学生の頃、地域の中核病院で実践的な研修をしたいと考え、加西病院のアットホームな雰囲気に魅かれて面接を受けたことを思い出します。「先生」と呼ばれるようになる責任を漠然と感じながら、期待と不安と入り混じった気持ちで加西病院の臨床研修がスタートしたのが2008年の春。あれから2年が経とうとしていますが、期待していた以上に充実した2年間でした。

 研修が始まった当初は、病棟業務や救急、カンファレンスに勉強会と忙しさに戸惑うこともありましたが、研修が進むにつれて、スタッフや患者さんから頼られる場面も増えてきて、仕事にやりがいを感じられるようになってきました。また、学生時代あんなに嫌いだった勉強が楽しく思えるようになったのは意外な収穫でした。

 加西病院は、病院全体が研修医を育てようという雰囲気があり、私にとっては、臨床研修を行う場所としてこれ以上ない環境だったように思います。来年は整形外科研修医として加西病院で後期研修を始めますが、臨床研修で学んだことを生かして専門医療を身に付けてでいきたいと思います。2年間、本当にありがとうございました。

平成19年度臨床研修医
『院内携帯で気軽にコンサルト出来た臨床研修』

 加西病院を研修先に選んだのは、臨床研修医にとっても実践的に医療が行えること、内科が充実していることで内科志望の私に向いていると考えたからでした。

 しかし研修に入ってみると、内科ばかりでなく外科・整形外科・皮膚科・放射線科など選択した全ての診療科の研修が充実していました。外科手術の適応、脱臼の整復方法、皮膚縫合、CT/MRIの読み方等、丁寧に分かり易く教えていただきました。プライマリケアの修得という点でも、市内唯一の急性期病院として救急に集まってくる怪我から内科系疾患まであらゆる病気を診ることが出来たと思います。

 各科の垣根が低く、分からないことがあれば気軽にPHS(院内携帯電話)でいつでもどの科でもコンサルトができたことも有難かったです。ただ、指導医の先生方に頼ってしまってご迷惑をお掛けしたことと、もう少し自分で調べる癖を身に付けられれば良かったというのは反省点です。

 加西病院はこの4月から医師が増えますが、いつまでも居心地のよい病院であってほしいと思います。ありがとうございました。

1年目臨床研修医、整形外科ローテート中
『臨床研修内科の半年間を終えて』

 学生時代、加西病院には6年生の夏に見学に来ました。1日だけの見学でしたが、スタッフの方がとても優しく接してくださり、明るく雰囲気の良い病院というのがその時の印象でした。
 実際に研修医となって働いてみると、第一印象が正しかったと分かります。上級医の先生方は教育熱心な方が多く、診療の基本的な考え方や各種手技を丁寧に教えてくださいます。院長先生自身も心電図読影会や救急カンファの指導などを担当し、研修医に常に目を配ってくださっていると感じます。またコメディカルの方々も親切で、アットホームな雰囲気の中で働きやすい職場です。
 学生時代は本を読んで勉強するのが中心だった生活から、臨床研修が始まると急に病棟業務・救急・症例カンファ・勉強会と身体と頭を使うことが盛りだくさんになり、最初は忙しくて戸惑うこともありました。半年経った現在は、自分の手で診療を行うことにも少しずつ自信が生まれ、経験の幅を広げることで充実した日々を送っています。

1年目臨床研修医、内科ローテート中
『外科系6ヶ月を終えて』

 私は一年目前半の外科系ローテートを終えたところです。先生方が皆優しく指導熱心で、本当に勉強になりました。疑問に思ったことや、勉強しても分かりにくい所を気軽に話をすることができ本当にありがたかったです。臨床の現場では、病棟、手術、救急で常に意味のある役割を求められるので、責任と緊張感を持って研修を行うことができます。また外科的な手技については達成の度合いに応じて範囲を広げてゆくやりかたで、とてもやりがいがあります。病棟や手術室の看護師さん達は皆親切で、分からないことや出来ないことを優しく教えてくれたり、体調を気遣ってくれたりで本当に周りに支えられて研修できているとありがたく感じます。加西の町も田舎ですが、のんびりしていて住みよいところです。

2年目臨床研修医、地域医療ローテート中

 研修の始まった当初は、薬の出し方も分からず戸惑うことばかりでしたが、指導医の先生方、看護師、技師のみなさんに支えられて何とか乗り越えることが出来ました。日々の診療でも研修医にある程度治療方針を任せていただけるので、責任感、緊張感を持って診療にあたり、自分で調べる癖がつくようになったと思います。また、急変時等のファーストコールも殆ど研修医にかかるので、瞬発力と度胸が鍛えられました(最初は冷や汗ものでしたが…)。もちろん指導医の先生方は丁寧に指導していただけますし、医局の雰囲気がとても良いので他科への相談も非常にスムーズです。
 他にも良いところはたくさんありますが、書ききれませんので、ちょっと遠いですが是非一度見学に来てください。

1年目臨床研修医、内科ローテート中
『カンファレンスが充実』

 加西病院は医師・看護師・技師を含め病院に携わるスタッフ全員が親切で、 医局や病棟も診療科ごとの縛りもゆるく、分からないことは誰であれいつでも気軽に相談できる環境です。
 加西市唯一の基盤病院ですので一次から二次救急まで巾広く対応しており、専門性の高い病院では制限される一般的な疾患を主体に様々な症例を経験することができます。内科の診療科も充実しているため手技も含め指導を受けることができます。
 また、毎日行われているカンファレンスも研修医レベルでも十分理解可能なものがほとんどで、院長先生自ら研修医のために勉強会を開いてくださるなど、研修医教育にも力が入っているのを感じます。
 私は内科志望ですが専攻科を決めていないこともあり循環器、呼吸器、消化器、神経、内分泌・代謝それぞれ指導してくださる先生がいることがこの病院を選んだ理由の一つです。

2年目臨床研修医、選択科ローテート中
『医師として次のステップに臨む大切な一年』

 加西病院の研修は、研修医に有る程度裁量権が与えられているため、自分で判断して行った診断や治療に対し、後から本を読んでフィードバックをかけることで充実した研修ができます。
 また系統的に指導を受ける実技や知識があって、内科では心電図、心音聴診、心エコー、頭部CTなどのレクチャーがあり、外科では腹部エコー、縫合手技、中心静脈確保など実技の機会が多く、プライマリケアでの初期対応力を磨く上で非常にありがたいものでした。

 ただ私自身は一年目を振り返ると日々の仕事をこなすのに一生懸命で、要領が悪かったりやや体力が足りなかったりしたため、本を読んで自分で勉強する時間がなかなか思うように作れなかったことが反省すべき点になりました。しかし学生実習の時とは違い、医師として一年間臨床を経験したことで自分の適性がだんだんとみえてきたように感じています。これからの医師としての進むべき途を考える上で、加西病院での一年目の研修は非常に大切なステップになりました。

1年目臨床研修医、外科ローテート中
『研修のための環境は揃っています』

 加西病院を希望した理由は、地域基幹病院であること、研修医が診療に参加しやすい規模(300床)であること、そして指導熱心なスタッフの存在です。
 Common diseaseに対する初期対応ではファーストコールで幅広く診療に当たることができる今の体制はとても有難く、多忙な中どんな質問にも応えて下さる指導医の先生方や、世界一親切で勤勉と感じる看護士さん、技師さん、薬剤師さん等々あらゆるスタッフに教えを請うことができます。院内の雰囲気は明るく、地域の人達からの病院に対する信頼を日々感じます。
 研修が始まってまだ1ヶ月ですので大きなことは言えませんが、力がついてくるに従い相応の責任を持って治療に参加できる環境であると思います。良き臨床医となるための材料はすべて揃っている病院だと感じつつ研修生活を送っています。

2年目臨床研修医、必修科ローテート中
『研修医が動きやすい病院』

 困ったときに指導医の方に相談する。分からない事を他科の先生方に聞く。検査や薬剤のことが分からなければ、直接聞きに行く。
 研修医は、どこにでもいけるし、誰にでも相談できる、それを自然に受け入れてくれる病院です。『動きやすさ』が加西病院の大きな魅力だと思います。

市立加西病院平成17年度臨床研修医
『臨床研修を終えるに当たって』

 加西病院で二年間研修生活を送り一番印象に残っているのは、医師の先生方のみならず看護師や他のコメディカルさん達、院長先生も含めフットワークが軽く、病院全体で熱心に丁寧な指導をしてもらったことです。

 一年目の開始時には医療現場について本当にゼロの状態でしたが、周りの病院スタッフは丁重で暖かく接してくれたことが心強く、患者さんの急変時の処置など上級医を呼ぶだけで済むところを、研修医が見ておくと役に立つことは、われわれにも必ず声を掛けてくれて勉強の場を提供してくれました。また、指導医の先生方は侵襲を要する検査や治療法を気にかけて経験させてくれるばかりでなく、手術、心臓カテーテル、胃カメラなど高度の医療についても積極的に触れさせて下さいました。

 自分は整形外科を専攻することになりましたが、どの科を専攻するにしても必要な様々なことに触れることが出来たと思います。

市立加西病院平成18年度臨床研修医
『加西病院で研修できてよかったです』

 臨床研修も終わりに近づき、加西病院での2年間の研修の印象をまとめてみました。
 病院内では各科の垣根が無く、専門科のどの先生にでも質問ができ意見が聞けました。入院担当や救急外来では内科外科はもちろんですが、それ以外の科の助けが必要となる場面が何度もありました。そんなときは医師と研修医が医局で一続きになっているので気軽に聞けましたし、急ぐときは携帯PHSで質問が出来る環境でした。

 院長先生や副院長先生が中心になり、我々研修医に対し教育しようという気持ちが強い病院だと思います。院長先生自ら心電図読影会や心音訓練をされたり、外来中でも特徴的な身体所見があれば呼んで下さったりしました。看護師・技師・検査科・薬剤部・栄養科などどのスタッフも聞けば本当に親切に教えてくださいます。

 臨床研修医も一人のスタッフとして医療に携われます。ナースの方達は患者さんの容態が変わったときは必ず研修医に連絡してくださいます。自分が判断を下さないといけない場面も出てきますので、おのずと自分で考えながら動くようになれます。困った場面・わからない場面では他の医師がまわりにいて、呼べばすぐ駆けつけてくれ助けてくれるので、一人でなんでも解決しなければならないということはありませんでした。ある程度は任されているけれども、バックアップもしっかりしている点はこの2年の研修でとてもありがたかった点でした。

 生活の面では私はとくに困ったことはありませんでした。病院近くにコンビニエンスストアが数軒あり、その他飲食店もあります。大阪・姫路・神戸も出ようと思えば比較的楽に出られます。

 患者さんの多い時期や重症が重なった時期があって、体力的に一時きつかった時もありました。それでも病欠もなく2年通して研修が完了できました。働きにくいなと思ったことはありませんでした。これもこんな雰囲気のいい病院で研修が出来たおかげと思っています。

市立加西病院平成18年度臨床研修医
『加西病院での研修を終えて』

 加西病院での研修を終えた今、この病院の特徴を一言で言うならば、「人」ということである。病院全体において、すべての中心は研修医であるという雰囲気がどの部署にも浸透しており、そのおかげで、通常では組織の最下層とも思える研修医の立場でありながら、すべてのスタッフと対等な立場で仕事ができる。この働きやすい雰囲気は他の病院にはたやすく真似のできるものではないと思う。この「人」が、自分がこの病院を選んだ最大の理由であり、研修してみてまさにその通りの病院であった。

 とくに現在の研修制度では自分が専攻しない科ではやはり意欲が沸きにくく、教える側としてもどこまでさせるべきか戸惑いがあるが、加西病院ではどの科に行っても自分が必要とされていることを実感しながら研修できた。お客様的に扱われがちな臨床研修医であるがここではそう感じられたことは全くなく、一人の医師として責任を果たすことで人間としても成長ができたと感じている。

 加西病院の臨床研修病院としての利点は、幅広く疾患を経験できること、自分で診た救急の患者さんを入院治療まで受け持ち継続して診療できること、手技の経験が豊富にでき意欲が有ればさらに進んだ手技も経験できること、どんなことでも研修医にコールがあり初期判断を研修医が行うこと、各科間の垣根がないに等しいほど協力してもらえることなど、あげればきりがないほどである。逆に加西病院の欠点としては、中規模病院であるために常勤医がいない科があることが挙げられる。

 ほかの病院の経験がないので比較することはできないが、将来専門医となった時にぜひまた赴任したいと思える今、この病院での研修は自分にとって最高であったと確信している。

1年目臨床研修医、ローテート中
『後期研修の先輩がロールモデル』

 この1年間、分からないことが沢山あり迷惑をかけることもあったと思いますが、指導医の先生方、技師さん、看護師さんなどのスタッフの人達に暖かくサポートしていただいた事に感謝しています。また、後期研修医の先輩方には手取り足取り教えてもらったばかりでなく、知識や技術だけではない物の考え方やコミュニケーションスキルといった大切な事柄についても教えられたことに大きな意味がありました。自分が3年目、4年目になった時に何を知っていなければならないか、どんな責任を負わなければならないかを教えてくれるロールモデルと出会う事ができました。この1年間に学んだことを2年目の研修に活かして頑張ります。

1年目臨床研修医、ローテート中
『看護師さんや技師さんに励まされた1年』

 僕が加西病院を臨床研修先に選んだのは、地域に密着した医療を実践できること、スタッフの皆さんがとても優しいことでした。加西病院には大学6年の時に学外臨床実習で3週間過ごし気に入っていました。1年目の研修は指導医の先生とペアで、市内や周辺の地域から来る様々な疾患をもった患者さんを診ることができました。期待にたがわず看護師さんや検査技師さんは非常に親切で、超音波検査やグラム染色を気軽に教えてくれとても勉強になるとともに、忙しく走り回っているときには励ましてくれて感謝しています。6名いる同期はとても楽しい仲間たちで、皆と笑い合うと日々の疲れも吹き飛びます。病院全体がとても暖かく、とても働き易いです。たくさんの学生の方が見学に来られて、僕たち研修医と一緒に時間を過ごし、研修生活を見てもらえるのを待っています。