職員メッセージ 臨床研修医


市立加西病院平成23年研修医集合写真


オリエンテーション

院内ICLS講習会

住民との健康相談(フェアにて)

小児科研修

2年目臨床研修医
『臨床研修終わりの感想』

 説明会で、院長先生は当然の事のように「研修医が重要な役割を果たす」「バックアップがいいから当直もこなせる」とおっしゃいました。私は加西病院を志望することを決めていたものの、その言葉は失礼ながら全く信じられない、と思っていました。

 ところが2年間過ごしてみると実際にそのように事が運んでいて、狐に化かされた気分がしています。理由を推し量ってみるとすれば、ありとあらゆる病院内の人々が非常に、ほとんど常軌を逸して、親切でした。そして自分の仕事をしていました。その中で役割を与えられ、他人の役割を学んでいくうちに、自分の役割を見つけ、自信と責任を持って行動出来るようになったということでしょう。

 頭の中で疾患や手技のパターンを掴むことは難しくありませんが、何をいつどのくらいすべきか?どうやってするのか?何が求められているのか?は実際に経験しないとなにも身に付きません。加西病院の環境はとても愛護的であり、経験のための手掛かりをたくさんいただきました。

 ただし、この恵まれた環境から卒業した後、今までは(自分で予想をつけつつも)他人の仕事の結果として出てきていたデータや道具を自分で選び取る事が出来るか、人の一手先を読む事が出来るかはこの2年間の自学自習の試されるところだと気が引き締まる思いです。これまでの成果を生かして、次のステップに進んでいきます。

 病院関係者の皆さん、患者さん、これまで大変お世話になりました。ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

2年目臨床研修医
『加西病院での2年間を終えて』

 加西病院で研修を始めて2年が経ちました。
 一年目では指導医や後期研修医の先生方の指導のもとに様々な症例や手技の経験をさせていただき、二年目では自由度の高いプログラムを組むことができ充実した研修を送ることができました。

 加西病院の魅力として、自由度の高さ・優しいコメディカル・垣根が低いことが挙げられます。
自分で勉強した内容を指導医の先生と相談したうえで実際の臨床に生かすことができました。手技は一度立ち会った後、次回から指導医の監督のもとに自分が行うなど、常に研修医主体で考えていただいていました。同じことがコメディカルの方にもあてはまります。臨床研修がスタートしたばかりの1年目の4月であっても、救急研修ではファーストコールの形でナースからの報告がまず研修医に入るという形で、一人の医師として扱っていただきました。そのおかげで自ら考える能力が鍛えられたと思っています。また一つの医局空間に全科の先生がいらっしゃるため、日常的に気軽に患者の相談ができることも魅力でした。

 全体として非常に魅力的な研修環境ですが、田舎でのんびりした所にありますので、正直少しなまけてしまう部分もありました。ただ、はっきりとした目標を掲げれば、その目標に対して全力でサポートしてもらえる素晴らしい病院です。
 2年間指導していただいた先生方やコメディカルの方には本当にお世話になり、感謝しています。
2年間本当にありがとうございました。

2年目臨床研修医
『2年間の研修を終えて』

 市立加西病院に勤務し始めて、早くも2年が経とうとしています。振り返ってみると様々なことがあった2年間で、早いようで密度の濃い2年間でした。プライマリ・ケアを習得することを目標に初期研修をさせていただきましたが、その目標を達成するのに十分な数の症例を経験することができたと思います。内科研修の時には、6ヶ月の間循環器、呼吸器などの専門分野に関わらず内科全般を学ぶことができ、幅広く勉強させていただきました。また、週に1回午後の救急外来を担当させていただくのですが、そこで1st callで診察し、鑑別疾患を挙げて必要な検査を考え、状態に合わせて必要な処置を行っていきます。これを繰り返し行うことで、必要な知識が自然と身についたように思います。

 実際に研修してみて感じたことですが、加西病院は科を問わず色んな先生方に気軽にコンサルトできるアットホームな感じがとてもよく、この病院の特色の一つではないかと思います。研修医の要望にも手厚く対応していただけることにも驚きました。かなり無茶なお願いもしたのですが、希望通りの研修をさせていただくことができました。これもひとえに院長先生を筆頭に、病院スタッフ皆様方の御協力があればこそだと思っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。加西病院で学んだ基礎をもとに勉学に励み、いずれまた地元の医療に貢献したいと思っています。

 2年間、本当にどうもありがとうございました。